ジーンズ大好きな人!「染め方」にこだわっている?

ジーンズ大好きな人!「染め方」にこだわっている?

ジーンズの染め方の種類

現在流通しているジーンズに使われている糸の染め方は、大多数が「合成インディゴ」と呼ばれる化学染料です。これに対し、天然藍を使用した「藍染め」「ナチュラルインディゴ」のジーンズの存在をご存じでしょうか。

合成インディゴとナチュラルインディゴ

「合成インディゴ」と「ナチュラルインディゴ」。この二つを比べると、やはり「ナチュラルインディゴ」のほうが良いと思われるかもしれません。
しかし、合成インディゴはレプリカジーンズと呼ばれる高級ジーンズにも使用されており、その鮮やかできれいな仕上がりや、使えば使うほど味わいのある色落ちをする特徴を持っています。一方「ナチュラルインディゴ」を使用したジーンズは、そもそもの流通量が少なく希少な存在と言えます。藍染めならではの深い発色と、手作業ならではの温かみを持っています。

「ナチュラルインディゴ」のジーンズ

「ナチュラルインディゴ」のジーンズを作るのに欠かせないのが、藍と呼ばれる植物です。この植物を栽培するところから始まり、収穫して乾燥させ、その後カメに水と藍を入れると発酵が始まり、100日程度たつとようやく染料となる液体が完成します。その液体に灰汁などを混ぜてさらに発酵させ、その液体に糸をつけて染めていきます。これら数多くの工程を踏んだ糸により作られたジーンズの生地は、もはや工芸品といえるでしょう。

「染め方」にも注目してみては

ジーンズにこだわりのある方は、その作りやシルエットのほかに、「染め方」にも注目してみてはどうでしょうか。日本は世界的に有名なジーンズ生地の産地です。日本のジーンズ生地は広く海外でも使用されています。
日本のブランドの中には、「ナチュラルインディゴ」を使用したジーンズを展開しているところもあるので探してみてはどうでしょうか。

agaを新宿で治療することができるクリニックはいくつもあります。それぞれアプローチ方法や料金設定などに違いがあり、中にはオンラインによる相談や診療ができるクリニックもあります。